craftwork of daiwa kasei

  • 01大和化成のものづくり

  • 02私たちのつくるもの
  • CAD・CATIAでの製品設計
  • 品質・環境への取組
  • 製品紹介

  • 03つくるものを造る
  • 生産システムの効率化
  • 設備の省エネ化推進
  • 設備紹介

HOME > 03 つくるものを造る

03つくるものを造る

自動車メーカーの作業効率アップとコストダウンを実現する部品を設計・開発

極限の省エネルギー効率、省スペースを実現するには市販の設備では大きな前進は望めません。 社内で独自の設備を開発することにより製品の競争力向上を高めています。独自開発の設備が目指すところは「省人・無人化生産」と「無駄な機能を排除したぎりぎりの設備」です。

自社開発の設備は細かいニーズにも対応します。注文数に応じた機械の使い分けや、 製品の包装の仕方に合わせた包装機の開発などオリジナル設備ならではの柔軟性があります。

どこか手作り感を感じる設備ですが、そこにものづくりの原点があり、 この会社でしか実現できない秀逸した設備をつくっていくことに大和化成らしさがあります。

部品効率化の説明

詳細ページ説明1

CAD・CATIAサムネール

TPMは企業全体で生産システムを効率化していくもので、日本プラントメンテナンス協会によって審査・表彰が行われています。弊社はTPM特別賞を受賞しており、協会から高い評価を得ています。

詳細ボタン

詳細ページ説明1

CAD・CATIAサムネール

詳細ボタン

弊社の独自設備は業界からの評価も得ています。2009年優秀エネルギー大賞を受賞した設備「時差射出工法による低圧コンパクト成形機」をご紹介します。

詳細ボタン

詳細ページ説明1

CAD・CATIAサムネール

「省人・無人化生産」と「無駄な機能を排除したぎりぎりの設備」を実現した代表的な設備を詳細解説します。品質向上を無人化で実現するための「欠肉検出装置」も弊社設備の特徴です。

詳細ボタン

 

  • 01大和化成のものづくり
  • 02私たちのつくるもの
  • 03つくるものを造る
01のイメージ

このページの先頭へ

自動車用ワイヤーハーネスクランプ、内・外装用クリップの専門メーカー 大和化成工業株式会社